読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まみのめも

旅するアラサー

35mmフィルムカメラと古き良き建築物が残る港町・塩竃をおさんぽ

フィルムカメラを買いました。 フィルムならではのやわらかな風合いが好き。 maminomemo.hatenablog.com 先日、写ルンですで遊んでからというもの、すっかりフィルムに魅了されてしまったわたし。実はフィルムカメラ自体は以前から中古で探していたのですが…

一眼レフを封印して「写ルンです」だけで日本三景・松島を撮影してきた

なぜ、いま、写ルンですなのか。 アラサーのわたしにとって写ルンですといえば、修学旅行のスナップ写真だ。 いまの子どもたちはスマホがあるから、カメラも写真も当たり前のものとして存在しているのだろう。けれど、わたしが中学の頃はガラケーの黎明期、…

山形の赤倉温泉に行ってきた~山里の錆びた温泉地と麺を堪能する旅

非日常に身を置くのは楽しい。そこに住む人たちでしか見えないものもあるが、そこに住んでいないわたしにしか感じられないこと---非日常もあるのだろうと思う。日常に疲れたときこそ、日常から離れて、日々の喧騒から抜け出し、ゆっくりとした時間を過ごすの…

幕末の史跡と歴史情緒あふれるレトロな街へ。会津一泊二日の旅。【二日目】

幕末佐幕派の要・会津藩の治めた城下町、会津若松。二日目は幕末に生きた悲しく切ない少年たちの悲劇の地から巡りました。 *「会津若松の旅・一日目」はこちら maminomemo.hatenablog.com

幕末の史跡と歴史情緒あふれるレトロな街へ。会津一泊二日の旅。【一日目】

一眼レフを買ってからというもの、尽きることがない写真欲。日常の何気ない空間を切り取るのも楽しいけれど、やっぱり非日常空間が楽しい。週末になると、旅に出たくなる。そんなわたしが今回選んだのは、会津若松(あいづわかまつ)。 幕末佐幕派の要・会津…

炙りスルメ片手に雪見酒!青森の冬は、ノスタルジックなストーブ列車へ。

本州最北端の青森、なかでも奥羽山脈を隔てて西の日本海側に位置する、津軽の冬といえば、とにかく雪、雪、雪。 地元の人にとっては、もう毎朝の雪かきだけで気が滅入ってしまうけれど・・・そんな雪も見方を変えれば景観美!今回は、そんな青森の冬を満喫で…