読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まみのめも

旅するアラサー

製品保証2年間のiPhone充電ケーブル(Lightningケーブル)ってどうなの?という話

主旨(この記事でわかること)

  • 製品保証2年間のiPhone充電ケーブル(Lightningケーブル)って実際どうなの
  • サポートセンターの対応はどうなの
  • 返品してどのくらいで届くの
  • 結局どれを買ったらいちばんお得なのかはわからないかもしれません。

しょっちゅう充電ケーブルを断線させて痺れを切らし、
製品保証2年間の充電ケーブルを購入するも4ヶ月で断線し、その後返品して代品を手に入れるまでの話そして感じたことを書きました。
少しでも何かの参考になれば幸いです。

今回の充電ケーブルについて

f:id:sirousa3:20141214213349j:plain:w100:w100
こんな感じ。(クリックで拡大)

4ヶ月で断線した

使い方によってはもっと持つのかもしれませんが…
頑丈は頑丈なんですが、頑丈すぎて一度変な癖が付いて曲がってしまうと、戻らなくなってしまいます
それが原因で断線したのかなと思います。

返品してから届くまで

返品方法
  1. 現物とレシート(コピー可)を用意する。これがないと返品できません。
  2. サポートセンターに問い合わせ。問い合わせ番号を聞く。※今回は電話
  3. 問い合わせ番号を伝票で記入し、ヤマト運輸か佐川急便の着払いで壊れた充電ケーブルとレシートを発送する。(もちろんコンビニ可)
返品の前に

返品してから代品が届くまで別の充電ケーブルが必要になります。
まぁ、当たり前のことなんですが(笑)
代品が届くのがわかっていて、新しい充電ケーブルを買わなければならないのは何とも言えない気持ちになります…。
借りれる人がいれば、その間だけ借りましょう!

対応は速い

発送後3日で代品が届きました。ヤマト運輸使用)
12/1発送→12/2メーカー着→12/3メーカー発送→12/4届けという感じです。※実際の日付とは異なります。
曜日まわり、混雑状況、居住地にもよると思うので、参考までに。

結局どうなの

純正ケーブルとの比較

オウルテック製充電ケーブルは1メートルで2,350円で、純正ケーブルが1メートルで2,050円*1と価格は大差ないのですが、ここで重要になるのが純正ケーブルの保証期間。
純正ケーブルの保障期間は、本体を購入して1年間です。
※ただし、AppleCareに加入している場合は2年間。
つまり本体を購入して1年(2年)以降は純正ケーブルを新しく購入しても無償交換の対象外となります。
そのため、本体を購入して1年(2年)以降の方が新しく購入する場合、純正ケーブル以外の製品保証が付いている充電ケーブルの方がお得というわけです。

サードパーティとの比較

サードパーティの価格はピンキリですが、サードパーティのなかでもAppleライセンス商品が無難だと思います。
アマゾンでサードパーティ且つAppleライセンス商品の人気の充電ケーブルを見ると、1メートルの充電ケーブルの相場は1,200円程度でオウルテック製充電ケーブルの半額程度。製品保証は1年間でした。
それで2,350円で製品保証2年間かその半額で製品保証1年間のどちらがいいのかという話ですが、今回4ヶ月で断線してしまったわたしからはどちらとも言えない。としか言えないのでした…。



今回サポートセンターの方に真摯に対応してもらった手前フォローすると、アマゾンなどのレビューを見る限りでは、頑丈さに満足している方が多いようだったので、代品で評価の方はもう少し考え直してみたいと思います。


30センチなら断線のリスクも低くなるかも?(しかも1メートルより安い)


12/16 追記

3.5倍の耐久力 Lightningケーブル
何とこの記事を書いた直後、ドン・キホーテのPBとして、オウルテック製の充電ケーブルが発売されるとのリリースが!

*1:アマゾンで純正がバルク品しか見つけられなかったため、ヨドバシでの価格を参照