読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まみのめも

旅するアラサー

幻想的でノスタルジー!冬の『銀山温泉』で雪見風呂に入ってきたよ!

四季折々の表情を見せる日本の自然。
そんな日本に生まれたのなら、冬は冬らしく冬の情感を味わいたいもの。

というわけで温泉大好きなわたしが、
「雪見風呂に入りたい!」という思いを胸に、山形まで冬の銀山温泉(ぎんざんおんせん)』で雪見風呂に入ってきた。

今回のお宿:『滝と蕎麦の宿 瀧見館

※画像はクリックで拡大(PCのみ)

f:id:sirousa3:20150126180135j:plain:w100
銀山温泉までは山形新幹線「つばさ」に乗り、最寄駅のJR大石田駅まで。
そこからお迎えのマイクロバスでに乗り、約20分ほどでお宿に到着。

1日目昼~夕方:昼の銀山温泉

チェックインしてひとっ風呂浴び、早速銀山温泉へ出発!高台のお宿なだけあって、行きは5分、帰りは10分の上り坂。冬は長靴の貸出もしてくれるのも助かる。(お気に入りのブーツが汚れなくて済みます。)銀山温泉までは遊歩道を歩くのだけど、ちゃんと除雪されていて歩きやすかった。
というわけでまずは散策!

f:id:sirousa3:20150126184619j:plain:w500
NHK連続ドラマ小説「おしん」の舞台にもなった銀山温泉
銀山川を挟んで両側には、趣きある木造の旅館が軒を並べていて、何ともノスタルジーな雰囲気を醸し出している。
公式情報ではないけれど、あの有名な「千と…」の舞台にもなったとか、なってないとか。(何となく似てます。)

●足湯

f:id:sirousa3:20150126184531j:plain:w250
銀山温泉の源泉をそのまま使用した足湯。各自手ぬぐい持参で!
いくつかある足湯のどれかがトラップのごとき熱湯があるので注意!(多分やけに空いているところがそうだと思います。)

●はいからさんのカリーパン

f:id:sirousa3:20150126184338j:plain:w200
銀山温泉の食べ歩きと言えばコレらしく食べてみた。もちもちとした食感が特長らしい。
タイミングかもだけど、揚げたてじゃなくてちょっと残念。

●尾花沢サイダー

f:id:sirousa3:20150126184354j:plain:w200
銀山温泉のある山形県尾花沢市はすいかの生産量日本一!だからなのか、こんなイロモノを発見。レトロポップなパッケージが何ともかわいい。ひと口目は一瞬甘い!と思いきや、後味は薄味。う、うん。確かにすいか…かな?
ほとんどのお店で150円で売ってるのだけど、とあるところでだけなぜか110円で売ってる。なぜか。(探してみてください。)

ラブひな聖地巡り(ひなた荘)

f:id:sirousa3:20150126184430j:plain:w250
ラブひな全然詳しくないというかわからないのだけど、ネットでググってたら出てきたのでパシャリ一枚。すばらしき情報化社会。
ラブひなって、正直かわいい女の子がいっぱい出て来て、やたらと裸になるぐらいのイメージしかない。すみません。(でもだいたい合ってるらしい。)
何でも2階、3階部分がひなた荘のモデルになったそうで。ちなみに旅館はもう廃業してしまった模様。(これも原作通りの展開だと聞いた。)

こけしの絵付け体験

f:id:sirousa3:20150126184701j:plain:w200
銀山温泉の「おしんこけし」は目が大きいのが特長なのだとか。
それを無視して自分流に描いちゃったのが、コレ。はい、どこかで見た画風ですね(笑)。
というわけで、絵付け体験してきた。こけしというか、実はだるまの型なんだけども。
そしてめっちゃ言い訳するけど、筆の先っちょがぼっそぼそに割れててかなり書きづらかった…。

f:id:sirousa3:20150126184648j:plain:w100 f:id:sirousa3:20150126184632j:plain:w150 f:id:sirousa3:20150126184604j:plain:w150 f:id:sirousa3:20150126184550j:plain:w100


1日目夕方~夜:露天風呂と夕食と夜の銀山温泉と。

f:id:sirousa3:20150126184224j:plain:w250
夜の瀧見館。

●露天風呂

お目当ての雪見風呂。
露天風呂からは、見渡す限り銀世界が広がっていて、そんな寒々とした光景を眺めながらの雪見風呂は、まさに至福。
充足感というか、満足感というか。寒いからこその良さがある。と思う。
f:id:sirousa3:20150126184238j:plain:w500

温泉はお肌に嬉しい硫黄泉。
といっても、お湯はほぼ透明で硫黄臭もほのかに香る程度。
白濁するぐらいの硫黄泉もそれはそれで好きなのだけど、これはこれで入りやすくて良かった!お肌もトゥルトゥルに。(個人差があります。)

f:id:sirousa3:20150126184249j:plain:w150
露天風呂その2
尚、大浴場は2つあって夕方6時半に男女の入れ替えがあるので、それまでに一度入っておくのがおすすめ。ちなみに、広いのとやや狭いのとで2つあって、女性は後半に広い方だった。(つまり男性は前半に広い方になる。)*1
 

●夕食

f:id:sirousa3:20150126184304j:plain:w500
動けなくなるぐらいお腹いっぱい食べる!それも温泉のひとつの醍醐味だと思うけど、
とにかく夕食の品数が多いのがこちらのお宿。

そのうえ、何と自家製のお蕎麦はおかわりも可能とのこと。何て大盤振る舞いなんだ…。
しこしこした食感と喉越しの良いお蕎麦は、何でも夕食時間に合わせたタイミングで打ちたて、茹でたてを提供してるんだそう。
お宿の他にお蕎麦屋も経営してるだけあって、さすがの本格派。
…しかーし、おかわりは叶わず。はーあ、お腹いっぱい!
だって食前酒の自家製ぶどう酒、山形牛の陶板焼と、おいしいものが盛りだくさんなんだもの(笑)。

f:id:sirousa3:20150126184314j:plain:w100
デザートは山形らしく、ラ・フランスのアイス。

銀山温泉(夜)

今回泊まったお宿からは、20時15分発の送迎バスで銀山温泉へ。ご飯食べてお腹いっぱいでも、これなら安心。
f:id:sirousa3:20150126184449j:plain:w500
銀山温泉といえば、何と言ってもガス灯がロマンチックな夜の街並み。これを楽しまなきゃ、損損!
銀山温泉ググるととにかくこの夜の銀山温泉が出てくるので、わたしもアイフォンのカメラに収めはしたものの…これ結構ケータイでキレイに撮るのが難しい。
デジイチ&三脚持参の人も結構いた。


f:id:sirousa3:20150126184503j:plain:w150 f:id:sirousa3:20150126184516j:plain:w100

もちろん戻ってからまたひとっ風呂浴びて冷えた体を温めた。


2日目:朝食+白銀の滝

起きてすぐひとっ風呂浴び、早速朝食へ。

●朝食

f:id:sirousa3:20150126184713j:plain:w500
チェックイン時に和食と洋食の選べる朝食。今回は和食をチョイス。

銀山温泉NHK連続テレビ小説おしん」の舞台となっているだけあって、朝食にはあの「大根めし」が。※写真左の俵状のやつです。

お味は………うーん?まぁ大根めしデスカラ…。

●白銀の滝


滝の宿と謳っているだけあって、瀧見館のすぐそばにある「白銀の滝」。
今回は宿から温泉街への遊歩道で歩きながら眺めました。マイナスイオン
雪が積もって、何だか水墨画のような白と黒の世界。
 

まとめ

今回のお宿「瀧見館」は、宿を出てすぐ温泉街があるような銀山温泉の中心部からはちょっと離れていたけど、昼は滝を眺めつつ散策がてら、夜は送迎バスで温泉街に行けたので、立地はそんなに気にならなかった。むしろちょっと離れている分、高台にあるだけあって露天風呂からの眺望が良く雪見風呂を満喫できた。
夏場は銀鉱洞も行けるみたいで、機会があったら他の季節にも訪れてみたいなと思った。


<補足>
尚、今回の瀧見館に限らず、銀山温泉は宿の数も、部屋の数も少ないので、なかなか予約が取れない上にお値段も高め。土日祝前日は厳しいかも。わたしも平日に行ったので…。
あと最寄り駅まで新幹線が走ってますが基本的に奥地。それもまた秘境っぽいけど。



関連記事

maminomemo.hatenablog.com
maminomemo.hatenablog.com
maminomemo.hatenablog.com
※この内容はブログ投稿時点での個人が調べた情報です。ブログに記載されている情報に何らかの変更、および間違いがあっても一切の責任を負いませんので、ご了承ください。

*1:毎日そのローテーションなのかは不明。